定期預金で資産運用

高齢化が進んでいる日本において、将来に不安を抱えているという人は多いでしょう。
むしろ、老後の生活について全く不安がないという人の方が稀です。
では、老後の生活にたいしてどのような不安があるのでしょうか?やはり一番大きな不安となるのが、お金の不安です。


自分の老後にどれぐらいのお金が必要となるのか、ということを計算したことが有るでしょうか。
厚生労働省の発表によると、一般的な夫婦が現在の生活を維持しつつ、かつ平均的な寿命まで生きるとすると必要になるのは1億円程度だという試算です。
この金額を用意するというのは、簡単なことではありません。
働きつつお金をためていくことは勿論、同時にそのお金を運用して増やすことを考えるのも重要になってきます。


ただ、やはり本格的な資産運用というのは難しく、踏み切る事ができないという人も多いでしょう。
その理由は、資産運用はリスクがついてまわるものであるためです。
株式投資などはリスクの高さを言われる事が多く、それこそ踏み切るのが難しい状態です。


では、低いリスクで利用することが出来る資産運用の方法はないのか、ということを考えた時、一つの選択肢として挙がるのが「定期預金」です。
定期預金は一定期間引き出す事ができない代わりに、通常の預金に比べて高い金利が設定されているというものをいいます。


では、この定期預金が具体的にはどのようなシステムとなっているのか、さらにどれ位金利の違いがあるのかを紹介します。

Copyright © 2014 定期預金の金利 All Rights Reserved.